日本酒・焼酎・本みりん。日本を代表するお酒3種の材料・製法の違いをわかりやすく解説!

みりんのココが面白い!秘密

日本を代表するお酒といえばその名の通り「日本酒」が思い浮かびます。

が、

「焼酎」「本みりん」も日本にしかいない麹菌(こうじきん)を使って作られている「日本でしか作れないお酒」ってご存知でしたか?

麹菌を使っているところは共通していますが、その材料や製法は全然違います。

f:id:mirin-rabo:20180707113649j:plain

日本酒・焼酎・本みりん。

今日はその違いや特徴を知って、日本のお酒文化に浸かりましょう。

日本酒・焼酎・本みりんの「材料」の違い

f:id:mirin-rabo:20180609150143p:plain

日本酒と焼酎の作り方は途中までほぼ一緒で、

材料の中のデンプンを糖に分解し、アルコール発酵させたものです。

ただし、日本酒の元になる材料は「お米」のみ。

日本酒づくりに適しているお米は「酒造好適米(しゅぞうこうてきまい)」と呼ばれます。

たとえば山田錦や五百万石なんかは有名ですよね。

対して、焼酎の材料にはお米だけでなく「麦」が使われたり「芋」が使われたりします。

これがいわゆる「米焼酎」「芋焼酎」「麦焼酎」の違いですね!

本みりんを仕込む時には実はアルコール発酵はさせません。

じゃあなんで本みりんはお酒なのかというと、材料として元々焼酎を使っているから。

もち米由来の甘みを焼酎につけたものが本みりん。みたいなイメージですね。

米麹を使っていることは共通していますが、そのほかの材料に違いがあることがわかったかと思います。

日本酒・焼酎・本みりんの「製法」の違い

ここからは日本酒・焼酎・本みりん、それぞれのお酒の造り方について。

まず最初に。

お酒の造り方は大きく分けて「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の3種類があります。

この中で日本酒は醸造酒の仲間です。

醸造酒っていうのは酵母にそのエサとなるブドウ糖を食べさせることによって、アルコール発酵させたお酒のこと。

ぶどう由来のブドウ糖 →酵母が食べる→ 「ワイン」

麦由来のブドウ糖 →酵母が食べる→ 「ビール」

お米由来のブドウ糖 →酵母が食べる→ 「日本酒」

と原料によってできるお酒が変わってきます。

f:id:mirin-rabo:20180707121218p:plain

ちなみに醸造酒の中にも作り方によって3つ分類があって、日本酒はその中で「並行複発酵」という方法でつくられています。

◎日本酒(醸造酒) ポイント

酵母の力を使ってお米からアルコールを作り出したもの

次に蒸留酒っていうのはその名の通りアルコールを蒸留させてできたお酒。

ほら、蒸留って中学校の理科の実験でやりましたよね?

フラスコを熱すると沸点が低いアルコールだけが揮発して、

最初よりも濃度の高いアルコール液ができるっていう。あれです。

f:id:mirin-rabo:20180611194145p:plain

この蒸留の原理を使って、先ほどの醸造酒のアルコール度数をもっと高めたものが蒸留酒なんです。

だから基本的に蒸留酒の仲間に分類されるお酒はアルコール度数がめちゃめちゃ高い。

ジンやウォッカ(名探偵コナン世代←)、テキーラなど。

いかにもガツン!ときそうな感じ。

焼酎も蒸留酒の仲間。だから日本酒(15〜16度)よりも焼酎(35〜45度)の方がアルコール度数が高いんですね。

ちなみに焼酎には旧式焼酎(本格焼酎・乙類焼酎)と新式焼酎(甲類焼酎)があります。

旧式の本格焼酎で作られた本みりんは香り高くて最高なのでぜひ。

▽▽▽
【誰でもわかる!】飲んでも美味しい「本格本みりん」を見分けるコツは?

◎焼酎(蒸留酒)ポイント

醸造酒のアルコール度数をさらに高めるために蒸留したもの

最後に本みりんはどうやって作られるかというと(上でちょっとネタバレしちゃってますが)、実は焼酎に甘味をつけるためのもち米を入れてさらに熟成させたものなんですね。

このように「醸造酒や蒸留酒」+「果物や植物、甘味料など」で作られるお酒を混成酒と言います。

混成酒はなんのお酒にどんなものを加えるかによって種類が無限にあります。

焼酎+梅+氷砂糖 → 梅酒

スピリッツ+コーヒー+甘味料 → カルーア

焼酎+もち米+米こうじ → 本みりん

f:id:mirin-rabo:20180707121722p:plain

女子が大好きな甘いお酒「カクテル」の原料であるリキュールはすべて混成酒ですし、お正月に飲むお屠蘇(おとそ)も実は混成酒。

お屠蘇ってもともと「屠蘇散(とそさん)」という生薬を本みりんに漬け込んだ「薬酒」ですからね。

本みりんはまだまだ調味料としてしか認識されていませんが、れっきとしたお酒でめちゃめちゃ美味しいんですよ。

f:id:mirin-rabo:20180704191947p:plain

蔵によって味も香りも全然違うのでリキュールのように楽しむことができるんです。

まだ飲んだことがない!という方にオススメの本みりんはこちら。

みりんレビュー#1 モンドセレクション4年連続金賞『九重櫻』は初心者でも楽しめるまとまりの良い一本。

モンドセレクション4年連続金賞受賞の「九重櫻」。

バランスの良い品のある本格本みりんです。

生産地である愛知県以外のスーパーではなかなか見つからないこともあるので、ネット注文がオススメ。

◎本みりん(混成酒)ポイント

焼酎(蒸留酒)にもち米と米こうじを加えて糖度を高めたもの

三者三様。違いを知ればもっとお酒が楽しくなる

日本酒、焼酎、本みりん。3つとも作り手の思いがこもった伝統的な製法が今も残るお酒です。

一本一本の味の違いを楽しむのもオススメですよ。

*こちらもオススメ記事*
【無添加】カラダにやさしい本物のみりんの見分け方をわかりやすく解説するよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました