お正月にお屠蘇を呑む意味とは?その由来と作法に込められた意味を解説!

お正月の『お屠蘇』の秘密

久しぶりに家族・親戚が集まるお正月ぐらいは

出汁からちゃんと取ったお煮しめを入れたおせちと、

赤い酒器にはいったお屠蘇(おとそ)を用意したいですよね?

でもお屠蘇ってそもそもどうしてお正月に飲むのか?どんな意味があるのか?

知らない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回はお屠蘇の由来や、「お屠蘇を呑む」風習に込められた意味を書いていきたいと思います。

そもそもお屠蘇とは?

f:id:mirin-rabo:20180923205947j:plain

お屠蘇は日本酒や本みりんを合わせたものに生薬を漬け込んだ薬草酒の一種。

正式には屠蘇延命散(とそえんめいさん)と呼ばれています。

ちなみにお屠蘇はお神酒(おみき)とよく混同されがちですが、別のものです。

お神酒はその名の通り「神様にお供えするお酒」のことを指し、お正月や結婚式の披露宴、地鎮祭などで用いられます。

中身は日本酒が使われることが多く、お屠蘇と違って薬草酒ではありません。

お屠蘇もお神酒、どちらもお正月に用いられることがあるため間違えやすいんですね。

どうしてお正月にお屠蘇を呑むの?

f:id:mirin-rabo:20180923205956j:plain

お屠蘇(おとそ)って当て字のような普段書き慣れない漢字を使いますよね。

「屠蘇」の漢字には意味があり、さまざまな説がありますが

①「蘇」という鬼を「屠(ほふ)」る

 →病をもたらす蘇という鬼を退治する。という説

 

②邪気を「屠(ほふ)」り魂を「蘇生」させる

 →身体に悪い邪気を払い、生気を蘇(よみがえ)らせる。という説

主にこの2つの解釈があります。

どちらも解釈も

「悪いものを追い払い、良いものを呼び寄せる」という意味に通じるものがあり、縁起が良い漢字であると言えます。

『鬼はそと、福はうち』と同じような感じですね。

つまり、お屠蘇をお正月に呑むのは

一年間の邪気を払い、今年の幸せと長寿を願う

という意味が込められた縁起の良い儀式なんです。

お屠蘇の由来は中国の名医が作った薬用酒から

f:id:mirin-rabo:20180923210013j:plain

お屠蘇の起源は三国志に登場する名医・華佗(かだ)が考案したと言われています。

お屠蘇の由来は漢方をお酒に浸した薬用酒だったんですね。

それが平安時代の日本に伝えられ、宮中の正月行事として用いられるようになりました。

その風習が庶民にも広く伝わったのは江戸時代。

お正月やお祝い事の日に、病気や邪気を払い、長寿や幸福を祈る儀式として広まりました。

昔は各家庭で漢方を調合してお屠蘇を作っていましたが、

時代とともに薬屋さんでもお屠蘇用の生薬(屠蘇散)が売られるようになりました。

お屠蘇の呑み方にも意味がある

f:id:mirin-rabo:20180923210003j:plain

お屠蘇は普段のお酒のように、一人ひとつのグラスを用意する必要はありません。

お屠蘇を呑むときはひとつの酒器に注がれたお屠蘇をみんなで回し飲みします。

しかも呑む順番は年が若い人から回していくようにして、一番年長の人が最後になるようにします(厄年の人は年齢に関わらず一番最後)。

これは、「子供や若い人の生気(エネルギー)を年長者に渡していく」という意味があるそうです。

(私も小さい頃からお正月には親戚が集まって、お屠蘇をまわして呑んでいました。私よりも年下は妹だけだったので、私はいつも2番目。)

もちろんお屠蘇はれっきとした「お酒」なので、子供の時はちょっと口をつけるぐらい。お祝い行事なので「のんだマネ」で良いのです。

お屠蘇を用意してお正月の雰囲気を楽しみましょう

お正月に呑むお屠蘇。

お屠蘇の由来や意味を知るとより素敵な気持ちで新年を迎えられそうですね。

今年はお屠蘇を準備して、家族みんなでお正月をお祝いしてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました