あの! “リッツ・カールトン” が認めた上品なカクテルみりん『最上白味醂』 みりんレビュー#6 

みりんレビュー

リッツ・カールトンに選ばれた、まさしく飲んでたしなむ本みりん!

透き通るような黄金色が美しい。飲めるみりん『最上白味醂』

今日紹介したい本みりんはコチラ!

f:id:mirin-rabo:20181022110932j:plain

千葉県佐原の馬場本店酒造さんでつくられている『最上白味醂』。

丁寧に薄手の紙に包まれた包装。

力強く華がある中にどこか繊細さも感じるパッケージ。

そして “日本一” の文字。

明らかにスーパーに売ってるペットボトル入りのみりんとは違う…!

f:id:mirin-rabo:20181026221323j:plain

包まれた紙をひらくと、黄金に輝く本みりん!

すごい…!なんかすごい!本みりんなのにオーラがある…!

このオーラはなんなのか?調べてみると、この千葉県佐原で作られる最上白味醂は

あのリッツ・カールトンのバーでカクテルとして提供されていたこともある

文字通り超一流が選んだ超一流の本みりんだったんです

このオーラはそういうことだったんですね…納得←

(2018年10月現在はリッツ・カールトンでのカクテルは終わってしまったようです…飲んでみたかった…!)

ですがリッツ・カールトンで飲めなくても、この本みりん自体は味わえる。

超一流が選んだ味、気になる…!

馬場本店酒造の『最上白味醂』を飲んでみた!そのお味は?

*香り*

香りはそんなに強くはなくて上品に甘みが香る感じ。

本みりんの中には、もっと焼酎の香りが強く感じられるものもあるのですが

『最上白味醂』はおだやかな香りがほのかに香る。そんな感じ。

*味わい*

ひとくち飲んでみると

優しい甘みがなんとも言えない上品さを感じる…!

雑味が少ないまろやかな味わい。だけどちゃんと奥深さはあって口全体に広がる幸福感!

ふくよかな甘みや舌を包み込むようなとろみはしっかりとしていて、三河みりんにも負けてない。

だけど、三河みりんにある熟成や燻製を感じさせる特徴的な香りや甘み以外の味が混ざり合った感じがない!!

これは料理に使うと最高に素材を引き立てる本みりんになるやつですね。

ひかえめだけど、味わいの深さはある。

京料理なんかの上品な日本料理とベストマッチ間違いなしです。

不思議なのが、味や香りのクセはひかえめでさらにアルコールのキレもやさしくマイルドなところ。

最上白味醂のように液体の色も薄く、味や香りもやさしいものだったら

熟成度が浅い本みりんの特徴なので「アルコール感がキツイのかな?」と思ったんです。

でも!最上白味醂はアルコール感もマイルド…!

ただの熟成度が浅い本みりんではなく、ちゃんと深みがあってトータルバランスも考えられている。

これは確かにリッツ・カールトンが目をつけるのもわかる気がする!(気がするだけ)

料理も引き立てて、カクテルとしてメインにもなる最上白味醂。

ここまでバランスの取れた本みりんはなかなかないんじゃないかな?

さすが日本一と名乗るだけある。

コラム:どうして最上白味醂は香りがおだやかなのにコクがあるのか?

最上白味醂のあのバランスの良さはどこからきているのか?

考えてみました。(筆者の個人的見解です)

======

基本的に本格本みりんと呼ばれる、昔ながらの本みりんづくりでは材料として「もち米・米麹・本格焼酎」が使われます。

だから本格本みりんは、もち米由来の奥深い甘みと本格焼酎の香り高さを生かしたものが多いです。

ただみなさんも知っている通り、本格焼酎はクセのある香りと味わいが特徴。それが大好き!という人もいれば、クセが強すぎてちょっと…という人もいます。

そこで、最上白味醂に使用されている原料をみてみると

「もち米・米麹・本格焼酎」以外にも「醸造アルコール」が使われています。

この醸造アルコールが上品かつ奥深い『最上白味醂』の鍵なんじゃないかな〜と。

醸造アルコールってなんなのか?というと

醸造アルコールと本格焼酎はどちらも同じ「焼酎」です。でも大まかにこんな違いがあります。

醸造アルコール=新式焼酎とも呼ばれ、味もほとんどなく無味無臭なアルコールの液体

本格焼酎=旧式焼酎とも呼ばれ、芋・米・麦焼酎と一般的に呼ばれるものはこっちの分類。原材料の味や香りが生かされており、それぞれ味や香りに特徴(クセ)がある

本格本みりんと言えば本格焼酎100%、という風潮もある中で

最上白味醂は材料に本格焼酎と醸造アルコールをどちらも使うことで、クセが強すぎない、だけど、味わい深い本みりんに仕上がってる!

ということなんじゃないかな〜と最上白味醂にココロもカラダも酔いしれながら考えておりましたとさ。

『最上白味醂』オススメの使い方

最上白味醂は京料理など素材を生かした料理に合いそう!

*魚の煮付け

*肉じゃが

*白和え

*おひたし

などなど、料理をあまり茶色っぽくせず(本みりんの色をつけずに)

上品なんだけど奥深い味に仕上がること間違いなし!

あとはもちろんカクテルみりんとしても◎

みりんカクテルの作り方はコチラ

カクテルといっても配合とか難しいものは一切ないので、誰でも気軽に楽しめるものをまとめています!

▷▷▷今日からお家で楽しめる!みりんカクテル【初級編】

『最上白味醂』を造る会社はココ!千葉県の馬場本店酒造

最上白味醂を造っているのは千葉県佐原の馬場本店酒造さん。

300年以上前からみりんやお酒の原料にもなる麹づくりを始め、

お酒・焼酎・本みりんを昔ながらの方法にこだわってつくられている会社です。

▽馬場本店酒造さんについての詳しい記事はコチラ▽
清酒の技術が生きている。透き通る白味醂『馬場本店酒造』

お酒好きの人にぜひ味わってほしい!『馬場本店酒造・最上白味醂』

f:id:mirin-rabo:20181026220833j:plain

リッツ・カールトンが選んだ味。ぜひ一度試してみてください。

『カクテルみりん』の言葉の意味がわかると思います。

お品がすごいんですよ…お品が。

*こちらもオススメ記事*
【無添加】カラダにやさしい本物のみりんの見分け方をわかりやすく解説するよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました