いにしえの技術を生かした甘みと旨みの強いみりん造り『甘強酒造』

みりんレビュー

いにしえからの技術を生かして。

本みりんの甘みの真実

昔ながらの製法でつくられた本みりんの甘みは、もち米からできたもの。

砂糖を入れたり水飴を入れたりしているわけではなく、

もち米が発酵の力で分解されて、本みりんの甘みができます。

砂糖の甘さの成分であるショ糖は、ガツン!とダイレクトに感じられる甘みであるのに対して

本みりんの甘さの主成分であるブドウ糖は、奥深くじんわりと感じられるのが特徴。

さらに、ただ甘いだけではなく原料のもち米や米こうじ由来のアミノ酸(旨み成分)が溶け込んでいるため、料理を一層美味しくしてくれます。

発酵の力をかりて、もち米・米こうじ・焼酎というシンプルな材料から生まれる日本伝統の調味料。

それが本みりんです。

本みりんの甘みと旨みにこだわる『甘強酒造』

愛知県蟹江町にある会社『甘強酒造』。

甘強酒造という会社名は

“甘みや旨みの強い本物のみりんを造り続ける”という想いからきているそうです。

その名前にも負けないような本みりんをつくるために甘強酒造では

1. もち米は他社に先がけて国内産をこだわって使用

2. 米麹も国内産のお米を自社で製麴

3. 焼酎も自社製造

徹底的に良い材料にこだわってみりんをつくっています。

良い原料があって初めて良い商品ができる。

甘強酒造の商品からはそんな強い想いが感じられます。

歴史と最先端技術が融合された甘強酒造の建物

『甘強酒造』の“ おもしろさ ”

それは日本が誇るべき歴史と、

歴史に甘んじない最先端の設備を兼ねそなえている点にあります。

◎『甘強酒造』のおもしろさ ①登録有形文化財に登録された建物で造られている

f:id:mirin-rabo:20180702193805p:plain

(甘強酒造HPより引用)

【登録有形文化財とは?】

・貴重な建造物をより多く残すための制度

・建築後50年経過し、次の3つの基準を満たす建造物を国が指定するもの

[登録有形文化財の3つの基準]

1. 国の歴史的景観に寄与している
2. 造形の規範となっている
3. 再現することが容易でない

f:id:mirin-rabo:20180702193852p:plain

(甘強酒造HPより引用)

いわば未来の重要文化財というわけですね。

そんな登録有形文化財に甘強酒造さんのみりん蔵などの建物が指定されているそう。

歴史あるみりん蔵はどっしりとした雰囲気があっていいですよね。

でも、昔の建物ってことはなんとなく汚い?

スキマとかもあって衛生的にどうなの?

となんとなく思ってしまうところですが

甘強酒造のみりん蔵は品質管理の面でも認められているんです!

◎『甘強酒造』のおもしろさ ②有機JAS認定をみりん蔵として初めて取得

f:id:mirin-rabo:20180702193955p:plain

(甘強酒造HPより引用)

【有機JAS認定とは?】

・農薬や化学肥料などの化学物質に頼らず、自然界の力で生産された食品であると認定されたもの

・認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができる

・「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示をすることは法律で禁止されている

最近「有機」とか「オーガニック」をうたった商品ってちまたにあふれている気がしてたんですが

有機JASマークがないものは本当は書いちゃいけないんですね!知らなかった…!

有機JAS認定を受けるには施設の設備や管理体制の基準をクリアしないといけません。

つまり認定を受けているということは、

製造設備やそれを管理する体制がしっかりと整っているという証明になるんです。

登録有形文化財の施設内では最先端の管理体制が行われているんですね。

f:id:mirin-rabo:20180702194338p:plain

(甘強酒造HPより引用)

発酵にこだわり様々な製品を展開

歴史と最先端技術が融合された甘強酒造の商品ラインナップは

どれもこれも『本物』へのこだわりが詰まってる!

【国産純醸本みりん】

f:id:mirin-rabo:20190201094330j:plain

もち米の甘み100パーセント。

材料は全て国産にこだわった、甘みのしっかりした本みりん。

 

【昔仕込本味醂】

f:id:mirin-rabo:20190201100130j:plain

原料の焼酎には自社生産の『粕取焼酎』を使用。

粕取焼酎ならではの香り高さや奥深みが楽しめ、

料理に使えば手軽に深みを増してくれる本格派。

▽詳しいレビューはこちら▽
圧倒的な甘さとキレ!『甘強昔仕込本味醂』は名前の通り黒糖のような甘さが特徴の一本 みりんレビュー#4

 

【弐拾(20)年熟成 黒みりん】

f:id:mirin-rabo:20190201100322j:plain

20年以上の歳月をかけて蔵の中でじっくり熟成させることにより

甘みと旨みが凝縮した至極の本みりん。

黒蜜を思わせるような上品な甘みとまろやかな旨みが味わえる。

f:id:mirin-rabo:20190201100657p:plain

他にもお米の甘みが楽しめるノンアルコールあまざけや、

f:id:mirin-rabo:20190201100709p:plain

旨みの強い純米吟醸酒、

f:id:mirin-rabo:20190201100726p:plain

みりん焼きのたれまで…!

(原材料に一切添加物や余分な物が入ってないのがすごい!)

甘みの強い『甘強のみりん』で料理にコクを!レビューはこちら

甘強酒造の本みりんは熟成された甘みと旨みが強いので

料理にコクと深みをもたせてくれること間違いなし!

プロの料理人も愛用する甘強のみりん、オススメです!

▽こちらで甘強酒造の本みりんを飲んでレビューしています▽
圧倒的な甘さとキレ!『甘強昔仕込本味醂』は名前の通り黒糖のような甘さが特徴の一本 みりんレビュー#4

コメント

  1. […] いにしえの技術を生かした甘みと旨みの強いみりん造り『甘強酒造』 […]

タイトルとURLをコピーしました