九重味淋の『蔵開き』は味醂好きなら絶対ハマる超お得イベントだった!

みりん蔵紹介

突然すぎますが、九重味淋という会社を知っていますか?

250年前からみりんを造り続ける歴史と

斬新な新商品と企画でみりん界に新たな一石を投じまくる…!

愛知県碧南市にあるとても面白いみりん会社さんです。

f:id:mirin-rabo:20190329161738j:plain

▽ 九重味淋について詳しく知りたい方はコチラの記事がオススメ ▽
元祖であり最先端!常に業界の可能性を切り開く『九重味淋』

今回は、九重味淋さんの蔵開きイベントをレポート!

結論からいうと味醂やお酒好きな人なら絶対ハマる超お得イベントでした!

蔵開きイベントならではの催しが出血大サービスで面白すぎる!

3月23日、朝9時半から開場ということで九重味淋がある愛知県碧南市へ向かいます。

9時前に会場に到着!

f:id:mirin-rabo:20190329161759j:plain

「ちょっと早く着きすぎちゃったかな…。」

と思いつつ、駐車場から歩いていくと

f:id:mirin-rabo:20190329161856j:plain

すでに長蛇の列!(なんなの?みんな、みりんガチ勢なの…?)

最終的に開場の9時半までに100人以上の人が待っていたと思います。

f:id:mirin-rabo:20190329162014j:plain

寒空の下みんな仲良く待って、時間通り9時半に開場!

一番最初に目についたのはコチラ ↓

売り切れ御免!みりん粕詰め放題

f:id:mirin-rabo:20190329162052j:plain

ひとり300円でできるみりん粕詰め放題コーナー!

1分間で渡された袋にいくらでもみりん粕を詰め込んでオッケー!

なんなら袋に入らなくても積み上げて手で押さえた分はセーフという

主婦にはたまらない超出血大サービス企画!

『みりん粕』とは?

酒粕のみりんバージョンのようなもので、ほんのり甘い酒粕のようなもの。

こぼれ梅とも言い、昔はおやつにそのまま食べたりもしていたんだとか。

お味噌汁に溶かしたり、魚や肉を漬け込んで焼いたりすれば

料理のコクと旨味をアップしてくれる和食の万能調味料なんです!

もちろん私も参加!

f:id:mirin-rabo:20190329191756j:plain

自分の前の方たちを観察しつつ…(みんな容赦なく袋の上に積み上げていく…!)

私もチャレンジ!

しましたが…意外と1分間ってあっという間で、あまり詰め込むことができませんでした…!主婦力がまだ足りない!

それでも袋いっぱいのみりん粕をゲットできました〜!やったね!

f:id:mirin-rabo:20190329162158j:plain

みりん直詰め体験

f:id:mirin-rabo:20190329162232j:plain

続いてはこちら!本みりん『九重櫻』の直詰め体験コーナー!

本みりんを ビンに注ぐ→キャップをする→ラベルを貼る の体験ができちゃいます!

300mlで600円なのでお買い得ということではないですが、

自分で詰めた “ マイみりん ” をイベントの思い出として欲しい!という方にオススメです。

私もせっかくなのでやってみました!

f:id:mirin-rabo:20190329162742j:plain

注ぐ時にみりんのいい香りが漂ってきて最高!

f:id:mirin-rabo:20190329162822j:plain

ビンの蓋ってこうやって閉められているんですね。面白い!

全部回って景品ゲット!スタンプラリー

f:id:mirin-rabo:20190329162939j:plain

蔵開き当日はこんなスタンプラリー企画も行っていて

会場内の4つのスタンプを集めると、景品がもらえちゃいます!

ちなみに今回の景品はみんな大好き〇〇でした…笑

毎回違うのかな?気になる方は次回開催の時にぜひ!

300円で豪華景品を当てよう!みりんガチャ

めちゃくちゃ人気だったのがこちら!

300円でガチャガチャを回すと、景品が当たる『みりんガチャ』!

長蛇の列ができていて私はできませんでした…

どうしてそんなに人気だったのかというと、景品がめちゃくちゃ豪華!

1回300円なのに、1等の景品はなんと

確実に2000円以上はする『みりんセット』がもらえるんです!

ちなみにハズレはなし!超人気コーナーとなっていたので

狙っている人は早めに行くのがオススメです。

みりんを楽しく知れる仕掛けがいっぱい!

盛りだくさんの九重味淋・蔵開きイベントですが、

残念ながら基本的に一年に1回か2回しか開催されません…。

でも!イベントがなくても九重味淋にはみりんについて楽しく知ることができる仕掛けがいっぱいあるんです!

時代館見学→K庵でランチ→石川八郎治商店でお土産買う

とか家族で楽しめると思います!

工場フリー見学(九重みりん時代館見学)

九重味淋には『九重みりん時代館』という工場見学コースがあり

予約すれば誰でも九重味淋の歴史に触れらるようになっています。

f:id:mirin-rabo:20190329192216j:plain

九重味淋は現存する日本最古のみりん醸造元で、九重みりん時代館には

みりん醸造に関する昔ながらの道具類や貴重な古文書類が展示されているんですよ!

f:id:mirin-rabo:20190329192246j:plain

ここでしか味わえないみりんの歴史と秘密が楽しめます。

3日前までに予約したら誰でも無料で見学可能→詳細はこちらから

▽ 九重味淋に関する詳しい記事はこちらをどうぞ ▽
元祖であり最先端!常に業界の可能性を切り開く『九重味淋』

熟成度合いによって変わるみりんの変化が一目瞭然!

九重味淋の敷地内にあるお土産ショップ・石川八郎治商店の中には

こんな棒が6つ並んだコーナーがあるんですが…

f:id:mirin-rabo:20190329163312j:plain

これなんだかわかりますか?

正解は、『本みりんの熟成期間と色の違い』を見れるコーナー!

実は本みりんって時間がたてばたつほど、色が濃くなっていくんです。

知らなかった!という方も多いのでは?

f:id:mirin-rabo:20190329163357j:plain

左:熟成期間6ヶ月 まだ商品になる前の状態

右:熟成期間9ヶ月 ちょっと濃い黄色に変化

(商品になる前に少なくとも9ヶ月の熟成が必要って普通に考えてすごい手間とコストがかかってますよね…!この時点で大手のみりんよりも熟成期間は長いと思われる)

f:id:mirin-rabo:20190329163434j:plain

左:熟成期間1年  綺麗な琥珀色になってきた!

右:熟成期間1年半 キャラメルのような深い色に

(みりんができてから1年半、ようやく『九重櫻』が完成…!)

f:id:mirin-rabo:20190329163507j:plain
左:熟成期間2年  茶色に近い色に変化

右:熟成期間2年半 黒糖に近いような濃さ!

(ここら辺までくると、なかなか普通のスーパーではお目にかかれない熟成度のみりんですね!)

f:id:mirin-rabo:20190329163550j:plain

熟成期間3年 真っ黒…!

(3年熟成された『御所櫻』は贈答用として購入されることが多いそう。)

↓ ↓ ちなみに本みりんを熟成させると色だけではなく香りや味も変化します

*色:金色→茶色→黒色に変化

*香り:甘み以外の様々な種類が折り重なるように変化

*味:酸味や苦味が加わり深みが増していくように変化

f:id:mirin-rabo:20190329163714j:plain

以上!みりんの面白さを感じられる、私にはたまらないコーナーでした!

石川八郎治商店

f:id:mirin-rabo:20190329164225j:plain

みりんの奥深さに触れた後には…やっぱりお土産が買いたくなる!

ということでお土産コーナーもご紹介〜

f:id:mirin-rabo:20190329164035j:plain

本みりん2種類で800円!お土産に最適すぎる!

ネーミング通り、本みりんの味をちょっと試してみたい!という方にもオススメ!

f:id:mirin-rabo:20190329163847j:plain

私はこちらを購入!

Go!もろみ が気になったので。

2年熟成の純三河本みりんも初めてなので楽しみ〜!

f:id:mirin-rabo:20190329164008j:plain

こちらは春限定ラベルの九重櫻!

ネーミングとパッケージがぴったりだなぁ。

f:id:mirin-rabo:20190329164110j:plain

こちらは九重味淋の現社長さん特製ブレンドの本みりんとのこと。

贈答用としても素敵!

f:id:mirin-rabo:20190329164101j:plain

九重味淋の商品開発力はやっぱりすごいなぁ…!

紹介してない商品が他にもたくさんあったので

皆さんもぜひ現地でチェックしてみてください〜!

『レストラン&カフェ K庵』でみりん満喫ランチ!

f:id:mirin-rabo:20190329164257j:plain

さいごに最近オープンした『レストラン&カフェ K庵』でランチ!

こちらはクラウドファンディングで集まった資金を元に、

2018年夏にオープンした九重味淋の敷地内にあるカフェ。

コンセプトは『みりんの可能性を究極まで探る レストラン』

www.makuake.com

f:id:mirin-rabo:20190329164325j:plain

f:id:mirin-rabo:20190329164349j:plain

魚の旨みに発酵の旨みが合わさって最高!

f:id:mirin-rabo:20190329164413j:plain

f:id:mirin-rabo:20190329164437j:plain

優しい甘みとテリツヤが口に広がる美味しさ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました