【初心者〜プロまで◎】料理を100倍美味しくする!本格本みりんオススメまとめ

【飲むみりん】みりんカクテル

料理の『さしすせそ』には入っていないけれど、和食に欠かせない調味料である『みりん』みりんを上手に使うと、手間をかけることなく普段の料理を劇的に美味しく作ることができます。

今回は料理初心者〜プロまで使える、本当に美味しい本みりんを紹介します!

みりんはどれも同じだと思っていませんか?

f:id:mirin-rabo:20181026221323j:plain

スーパーに行くと色々なみりんが置いてありますよね。ペットボトルに入った1本300円のものから、ビンに入った1本1000円のものまで。

「どれが美味しいの?みりん風?みりんタイプ?何が違うの?」

よくわからないまま、結局一番安いものを買ってしまったり…していませんか?

実はみりんには種類があり、製造方法から材料までそれぞれ全く違います。そしてどこの会社が造っているかによっても、驚くほど『味』や『香り』に違いがありそれぞれの特徴があるんです。

▽ みりんの種類に関する詳しい解説はコチラ ▽
【料理初心者向け】本みりん・みりん風・みりんタイプの違いと特徴をわかりやすく解説するよ!

『飲めるほど美味しい』みりんもある!

みりんの中には『飲めるほど美味しい』みりんがあるってご存知でしたか?それもそのはず、実はみりんはもともと “ 飲んで楽しむ甘いお酒 ”  だったんです。

みりんはもともと『飲み物』だった?!

f:id:mirin-rabo:20180923205939j:plain

みりんの発祥はさだかではありませんが、中国で生まれ日本に伝えられたとされています。

江戸時代には『甘くて飲みやすいものとして、お酒にあまり強くない人や女性が好んでみりんを飲んでいた』という文献が複数残っています。

“お米のリキュール” として滋養強壮や寝酒など「身体にも良いお酒」としても江戸時代の人はみりんを楽しんでいました。その後数百年をかけてみりんの製造は盛んになり、調味料としても使われるようになったんです。

『今では調味料として使われるのが一般的なみりんは、もともと飲用だった。』

なので昔からの材料と製法を守っている本みりんは安心して飲むことができますし、なによりとっても美味しい!!

みりん蔵公認!今『飲めるみりん』がアツイ!

f:id:mirin-rabo:20180707195132j:plain

「でも今現代でみりんを飲むなんて、やっぱり邪道なのでは?」いくら昔の人が飲んでいたからって、そう思われる方もいるかもしれません。

でも!実はみりんを製造されているみりん蔵が公式で飲むことを推奨しているのが最近増えてきているんです!

f:id:mirin-rabo:20190403160943p:plain

ホームページにみりんカクテルのレシピが乗っていたり(みりんレシピ集 | 三州三河みりん )

f:id:mirin-rabo:20190403162536p:plain

商品の紹介文として『飲んでも美味しいみりん』という記載があったりするんです…!(みりん | 甘強酒造株式会社

f:id:mirin-rabo:20190403161419p:plain

『飲んでも美味しいみりんを料理に使って美味しくならない訳がない。』
たしかに!納得感がスゴイ…!(魂を込めたみりん造り | 白扇酒造

みりんを造っている蔵元さん自身が『飲めるみりん』を勧めているのは安心!安心して口にすることができる『飲んでも美味しいみりん』こそ料理に使いたくなりますよね。

料理を100倍美味しく!本格本みりんオススメ6選

① バランスの良い上品な甘みと香りで食材を生かす『九重櫻』

f:id:mirin-rabo:20180625170451j:plain

他の本みりんと比べても上品な甘みが特徴の『九重櫻』なんとモンドセレクションで4年連続金賞に輝いている本みりんなんです!250年前からみりんの製造をしている九重味淋の看板商品で上品な甘みと香り、ほどよいアルコールのキレがあり全体的なバランスの良さが特徴。

コクはあるのに変なクセがないので、どんな食材にも合う!お出汁を効かせた料理など、繊細な味付けをさらに際立たせるのに最高の本みりんです。

▷▷▷九重櫻の詳しいレビューはコチラ!

② 芳醇な香りがたまらない!三河みりんを代表する『三州三河みりん』

f:id:mirin-rabo:20180701101043j:plain

「本みりんのことはそこまで詳しくないけど、このみりんは見たことがある!」という方も多いのではないでしょうか?『三州三河みりん』はそれぐらい全国のスーパーでも見かけることが多く、名実ともに本みりんを代表する一本だと思います。

しかも、こだわり抜かれた本格本みりんであるにもかかわらず値段も手頃なのがさらに嬉しい…!芳醇な香りが特徴で、熟成された旨みと甘みがあるので肉じゃがなどの煮物に使えば、旨みがあふれ出すような一品ができること間違いなしです!

▷▷▷三州三河みりんの詳しいレビューはコチラ!

 ③ 繊細な優しい甘みが楽しめる『福みりん』

f:id:mirin-rabo:20180701112239j:plain

この本みりんは金沢にある日本酒造の福光屋(株)が製造しているもの。日本酒造りの技術とこだわりが生かされた本みりんなんです。

この本みりんの特徴は「本格焼酎ではなく醸造アルコールを使用していること」

醸造アルコールを使用しているので、香りにクセがなく繊細な甘みが楽しめる仕上がりになっています。みりんの液の色が薄めなので、料理を茶色っぽくしたくない時にも使いやすいですね!

▷▷▷福みりんの詳しいレビューはコチラ!

④こだわりのバランス!『力強い旨み×上品な甘み』国産純醸本みりん

f:id:mirin-rabo:20190201094330j:plain

この本みりんの特徴は力強さと上品さが絶妙にマッチングしていること。米焼酎と醸造アルコールの配合を工夫することで、『香り高いけどクセが強くなりすぎない』本みりんに仕上げているんだとか。

この本みりんは登録有形文化財に指定されている歴史ある建物で、昔ながらの製法で造られています。さらに!有機JAS認定を受けており、施設の設備や管理体制は最先端の技術が使われている。まさに『歴史と最先端が融合した本みりん』

みりんでしっかりと力強い甘みを付けたい時にオススメ。

▷▷▷国産純醸本みりんの詳しいレビューはコチラ!

⑤黒糖のような甘みとキレ!『甘強(カンキョウ)昔仕込本味醂』

f:id:mirin-rabo:20190202213201j:plain

私が試した本みりんの中で一番甘みが強いのがこの『甘強昔仕込本味醂』。ラベル方も伝わってくる通りの力強い甘みとアルコールのキレも抜群です。

このしっかりとした甘みと香りの秘密は、焼酎に粕取焼酎を使っていること。酒粕から作られる粕取焼酎を使用することで香り高いどっしりとした本みりんに仕上げているんですって!これ一本あれば砂糖がいらなくなるぐらいしっかりした甘みがあります!

▷▷▷甘強昔仕込本味醂の詳しいレビューはコチラ!

⑥リッツ・カールトンも認めたカクテルみりん『最上白味醂』

f:id:mirin-rabo:20181026220833j:plain

この本みりんは千葉県で醸造されているものなのですが、なんとあのリッツ・カールトン東京のバーでカクテルとして提供されていたこともある本みりんなんです!

味は、クセがなく穏やかでまろやかな味わいがあるのが特徴。他の本みりんに比べて色が薄く、香りも強くないので京料理などの素材を活かした料理にとてもよく合いそう。料理も引き立てて、カクテルとしてメインにもなる。

ここまでバランスの取れた本みりんはなかなかないんじゃないかな?

▷▷▷最上白味醂の詳しいレビューはコチラ!

 


これで終わっても良いのですが、どうせなら『美味しいみりんを自分で選べるようになるポイント』も紹介しておこうと思います!

スーパーでみりんを見た時に、自分で選べるようになりたい!という方はぜひもうちょっとだけ見てみてください!

美味しいみりんの選ぶときのポイント

『本みりん』の中でも糖類が添加されていないものを選ぶ

『みりん』の中にも本みりん・みりん風調味料・みりんタイプ調味料と大きく分けると3つの種類があります。

この中で美味しいみりんを使いたいなら『本みりん』一択!みりん風・みりんタイプ調味料は文字通り“ みりんに似せるためにみりんっぽく仕上げたもの ” であって本来のみりんとは全く違ったものになるのでご注意を。

▽ 本みりんとそれ以外の違いについてもっと知りたい方はコチラ ▽
【料理初心者向け】本みりん・みりん風・みりんタイプの違いと特徴をわかりやすく解説するよ!

さらに、本みりんの中でも

  • 100%お米の甘みを凝縮させて造られた『本格本みりん』
  • 糖類や水あめなどを添加して造られた『(いわゆる普通の)本みりん』

の2種類があるってご存知でしたか?

スーパーなどでよく見かけるペットボトルに入れられた本みりんはたいてい糖類が添加されています。これは、本みりんは本来『もち米・米こうじ・焼酎』を元にして仕込みをし半年から長いものでは数年かけて熟成させることでお米に秘められた甘みを引き出していくのですが、充分な甘みをつけるにはたくさんのもち米と時間がかかります。

そうするとどうしてもコストが高くなり、売る値段も高くせざるをえません。なので、使うもち米の量を減らしたり、熟成期間を短くしたりすることでコストカットをしているものもあるんです。それをカバーするために添加されるのが糖類や水あめなんですね。

糖類が添加された本みりんと、100%お米の甘みで造られた『本格本みりん』では香りも味の深みも全く違います!!美味しいみりんを選ぶ時には、糖類が添加されていない本みりんを買いましょう。

▽ もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ ▽
【無添加】カラダにやさしい本物のみりんの見分け方をわかりやすく解説するよ!

みりんを上手に使えば料理が100倍美味しくなる!

本格本みりんは一見値段が高く感じるかもしれませんが、少しの量で料理を格段に美味しくしてくれるとってもコスパの良い調味料!今回ご紹介した本格本みりんはどれもハズレのない本当に美味しいものだけを集めたので、是非試してみてください…!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました