みりん×炭酸割りでシャンパン風【みりんカクテル #02】

【飲むみりん】みりんカクテル

現代では調味料として使われるのが一般的なみりんですが

実はもともとは甘いお酒として飲んで楽しまれるものでした。

江戸時代の頃から変わらない材料と製法で造られている『本格本みりん』は

蔵元によって一本一本味が異なり、

発酵によってできた香り高さと深みのある甘みが味わえます。

ここでは飲んで美味しい本格本みりんをカクテルとして楽しむための

みりんカクテルレシピを紹介していきます。

『炭酸割り』で爽やかなみりんカクテルに

みりんはそのままだとアルコール度数が14パーセントあり

日本酒同じぐらいのアルコールが含まれています。

女性やそこまでお酒に強くない方にとっては

「ちょっと強すぎる…。」と思われるかも知れません。

そこでオススメなのがみりんの『炭酸割り』

 

f:id:mirin-rabo:20190502113353j:plain

みりんを炭酸水で割ると、みりんの濃度が良い感じに中和されて飲みやすいカクテルになります。

作り方 

今回は『九重櫻』を使ってオンザロックを作ります。

 

▽ 九重櫻の詳しいレビューはこちら ▽
みりんレビュー#1 モンドセレクション4年連続金賞『九重櫻』は初心者でも楽しめるまとまりの良い一本。

f:id:mirin-rabo:20190502113306j:plain

①シャンパングラスを用意

②本みりんを注ぐ

③よく冷えた炭酸水を本みりんと同量注ぐ

作る時のポイント

炭酸割りを作る時は色の薄い本みりん(=熟成度が低いもの)がオススメです。

本格焼酎のクセが強いものや熟成度の高いものは炭酸水とマッチしにくいので

香りや甘みのおだやかな本みりんで作るのがコツ!

氷を浮かべても美味しいです。

 ▽ みりんカクテルを作る時にオススメの本みりんはこちら ▽
【オススメ】飲んでみて美味しかった本格本みりん総まとめ!【随時更新】

 ▽ こちらもオススメ記事 ▽
今日からお家で楽しめる!みりんカクテル【初級編】
【簡単本みりんレシピ】美味しすぎる!クリチー×ラム風レーズンの宅飲みおつまみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました