みりん×レモンで爽やかカクテル【みりんカクテル #03】

【飲むみりん】みりんカクテル

現代では調味料として使われるのが一般的なみりんですが

実はもともとは甘いお酒として飲んで楽しまれるものでした。

江戸時代の頃から変わらない材料と製法で造られている『本格本みりん』は

蔵元によって一本一本味が異なり、

発酵によってできた香り高さと深みのある甘みが味わえます。

ここでは飲んで美味しい本格本みりんをカクテルとして楽しむための

みりんカクテルレシピを紹介していきます。

『レモン×みりん』で軽やかにみりんを楽しむ

みりんの大きな特徴がお米由来の『やさしい甘み』。

砂糖とは違ってみりんの甘み成分はあと引く余韻があるんです。

つまり『味わえる甘み』がみりんにはある。

実はそのみりんの甘みに柑橘系の爽やかさがよく合うんです。

そこでオススメなのが、みりんの『レモン炭酸割り』

 

f:id:mirin-rabo:20190502113630j:plain

レモンを加えることでみりんの甘みがより引き締まって

一口で飲み干してしまうぐらいすっきり飲みやすいカクテルに仕上がります。

作り方 

f:id:mirin-rabo:20190524104315j:plain

今回は『最上白味醂』を使ってオンザロックを作ります。  

▽ 最上白味醂の詳しいレビューはこちら ▽
あの! “リッツ・カールトン” が認めた上品なカクテルみりん『最上白味醂』 みりんレビュー#6 

①シャンパングラスを用意

②本みりんを注ぐ

f:id:mirin-rabo:20190524104315j:plain

③よく冷えた炭酸水を本みりんと同量注ぐ

f:id:mirin-rabo:20190524104441j:plain

④最後にレモン果汁を小さじ1杯入れる

f:id:mirin-rabo:20190524104503j:plain

⑤ゆっくりかき混ぜて出来上がり

作る時のポイント

f:id:mirin-rabo:20190502113435j:plain

レモン炭酸割りを作る時は色の薄い本みりん(=熟成度が低いもの)がオススメです。

本格焼酎のクセが強いものや熟成度の高いものは炭酸水とマッチしにくいので

香りや甘みのおだやかな本みりんで作るのがコツ!

氷を浮かべても美味しいです。

▽ みりんカクテルを作る時にオススメの本みりんはこちら ▽
【オススメ】飲んでみて美味しかった本格本みりん総まとめ!【随時更新】

 ▽ こちらもオススメ記事 ▽
今日からお家で楽しめる!みりんカクテル【初級編】
【簡単本みりんレシピ】美味しすぎる!クリチー×ラム風レーズンの宅飲みおつまみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました